無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

呼び出し
テテ
ねぇミナ
寝る前にちょっといいかな?
テテ
じゃあリビングきて
グク
💭テテ、ミナに告白するのかな?
イヤまだ早いよね?
はや…くないのかな?
俺も…
グク
よしっ
決めた
リビングで
テテ
ミナ急に呼び出してごめん
でもちゃんと聞いてほしい
テテ
俺…さ
ミナが家に入って来たときからなんか胸が締め付けられてる感じがして…そのずっとミナばっかり見てた
テテ
ごめんキモいよね
でもミナがグクにバックハグされて顔赤らめてるのとか見てると凄いしっとしちゃって…






ミナ…





俺はミナが好きです//
テテ
遊びとか冗談とかじゃなくて本気でミナが好き
早いかもしれないけど本気で考えてほしい
テテ
わかった
話聞いてくれてありがとう
寝よっか?
このあとテテはミナのことを抱き締めて寝たのだった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

TWICE Love
TWICE Love
フォローしてくれた方、必ず返します👍️ぜひ読んでください☀️
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る