無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

626
2022/01/15

第102話

102
安嶋)兄貴おかえり


皇輝)うん


安嶋)どうかした?


皇輝)いや、、


檜山)あなた!


あなた)ん?


檜山)今日一緒に帰んない?


あなた)いいけど、どうかした??


檜山)教えてもらいたい問題あってさ〜


あなた)あね笑いいよ!


深田)え、檜山くん真面目


湧)それな


平塚)んじゃお先に!お疲れ様〜


檜山)お疲れ様〜


青木)皇輝くん


皇輝)ん?


青木)久しぶりに一緒に出かけない?


皇輝)あー、うん。いいよ

















檜山)これなんだけどさ、


あなた)ほんとは解けてるんでしょ?


檜山)ん?笑


あなた)皇輝と何があったのか聞きたいってことだよね


檜山)あーバレてた?


あなた)うん


檜山)いや、最初は喧嘩しただけかなって思ったんだけどさ、星輝の発言からなんか違う気がして。


あなた)星輝に聞かれたのが誤算だね


檜山)あれ、ホントなの?


あなた)ホントだった。だけど、今更兄弟になりたいとか思ってない。


檜山)好きだから?


あなた)ううん。どちらかと言うと皇輝に諦めてもらえるじゃん?


檜山)え?


あなた)私、今好きな人がいるの。その人と本気で付き合いたいって思うくらい。多分それに皇輝は気づいてる。だから私と付き合おうと必死になってる。


檜山)皇輝なりの独占欲みたいな?


あなた)どーなんだろ。皇輝とは今まで通りシンメだし、大好きだけど。
皇輝さ、リーダーと大学のことで多分相当メンタルきてるんだと思うの。


檜山)現実逃避、、ね


あなた)私も皇輝の気持ち全然聞かないでいるのは事実だけど。


檜山)まぁ、でも好きな人出来たんでしょ?皇輝も幸せになってもらいたいって思ってるんじゃないかな?


あなた)そうだといいけど。


檜山)問題は辞めたりしないかってことね


あなた)そう。さっき話した時も辞めるとか言い出してたからそこが不安。これからが1番大事なのに。


檜山)そうだよね。


あなた)それに、私当分みんなと練習出来なくて。


檜山)映画にドラマだもんね


あなた)うん。だから何かあったら連絡して?駆けつける。何がなんでも。


檜山)わかった。


あなた)それと、星輝には絶対に言わないで。私も皇輝も星輝を傷つける気はサラサラないから。


檜山)うん。わかってる。


あなた)ありがと。ごめん、次あるからもう行くね


檜山)うん、あなたも体調管理しっかりね


あなた)OK笑


檜山)んじゃまた!




















青木)元気ないね。どうした?


皇輝)俺、ジャニーズ失格かも。プロなんかじゃないんだ


青木)そんなに追い詰めないで?


皇輝)あなたにも嫌われて、ファンの人もどんどん居なくなってネットでは干されたとか言われてくんだよ


青木)皇輝くん、


皇輝)ジャニーズなんて入んなきゃ良かった。あなたと出会わなければ、、


青木)皇輝くん、いい加減にして。皇輝くんがそんなんじゃ少年忍者は誰が引っ張っていくの?
誰がMCするの?皇輝くんしかいないんだよね??


皇輝)え、、、


青木)あなただって、多分辛いんだと思うよ。皇輝くんのこんな姿星輝だってちびっ子達だって見たいとは思わないよ?


皇輝)でも、


青木)勉強も辛いのはわかるよ?ネットの書き込みも怖いの分かる。だけど、それをなにかの理由にして逃げるのは違う。あなたに当たるのも。


皇輝)、、


青木)皇輝くんなら大丈夫。僕らがついてる。何がなんでも川﨑皇輝は少年忍者が守るよ。


皇輝)青木…ありがとう


青木)よし、じゃー映画行こ!笑


皇輝)今から??


青木)そして、ご飯食べて漫画探しいこ!


皇輝)うん!笑