無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
私だってきっとダンスやりたい

でも逃げた私を受け入れてくれるわけがない

田村You
田村You
...ッ
ぶっきー
ぶっきー
1回でいいから僕と踊りませんか?
ぶっきーは私の手を取って私の代表作だったあの曲を流した

自然と体が動いた

右足をかばいながら
ぶっきー
ぶっきー
右足を庇ってる?
田村You
田村You
ギクッ
bake
bake
怪我したの?
俯きながら頷いた
bake
bake
だからトラウマしかないって事?
田村You
田村You
うん
ぶっきー
ぶっきー
だから今は休止してるってことか
bake
bake
まぁでもこの曲で踊ってみよ?
田村You
田村You
やってみる
そういったものの出来ない
ぶっきー
ぶっきー
これから克服してこ!
bake
bake
とりま動画あげる!
2人は私をなぜこの世界にまた踏み入れようとしてくるのか

謎でしかない