無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
次の日
小山慶一郎
小山慶一郎
いたいた!
田村You
田村You
あの〜どちら様ですか?
それは数分前

もっくんのところへ行こうと思った時

知らない人が話しかけてきて急に
小山慶一郎
小山慶一郎
あなたさんー!
そう叫んできた

私が声の方に振り向くと元気よく手を振っている

そして走って駆けつけてきた。

とびっきりの笑顔を見せてきた

それと周りの女子はと言うと
モブ
モブ
(*/ω\*)キャー!!
服部あや
服部あや
慶くん〜!
あー...平穏の生活...
小山慶一郎
小山慶一郎
紹介が遅くなったね!
ダンス部部長の小山慶一郎です!
ぜひ!ダンス部にはi
田村You
田村You
入りますよ?
小山さんの話を最後まで聞かずにそう答えた

だってみんなダンス部にダンス部に

いい加減私も折れちゃったよ
小山慶一郎
小山慶一郎
ほんと?!
良かったー!
田村You
田村You
それでもういいですか?行きたいところあるので
小山慶一郎
小山慶一郎
あっごめんね!
また部室で待ってるね!
そう言ってどこかに言ってしまった

ようやく周りの女子もいなくなった
田村You
田村You
あっ...もっくん!!!
大森元貴
大森元貴
あなた?どうした?
田村You
田村You
ご飯たべーよ!
大森元貴
大森元貴
あぁ!じゃいつもどこ行こか?
田村You
田村You
うん!
私はこのあと起きる悲劇をこの時はまだ知らなかった