無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

🤞🏻

♡400以上 ☆30以上
本当にありがとうございます!

本当に自己満なので
時々おかしいかもしれませんが
お許しください🙇🏻

これからもお願いします!



それでは本編どうぞ!
・・・ リビング ・・・
あなた

こたくん

小太郎
小太郎
ん?
あなた

これこの中に入ってました!

小太郎
小太郎
あ、ごめん!
ありがとう!
慶一郎
慶一郎
よくこたってわかったな
あなた

いや、なんかYouTubeで来てた気がしたので…

涼雅
涼雅
よく覚えてるね笑
三波斗
三波斗
さすがヲタクだわ笑
あなた

(*´∇`)

あなた

あ、あと、

あなた

(ティッシュ入ってたのってたまたまかな、わかってること言われるとムカつくよね)

あなた

あーやっぱなんでもないです!

あなた

(私が確認すればいいんだもんね)

小太郎
小太郎
なにかあるなら言って!
さつき
さつき
遠慮なし!
あなた

え、あ、いや

慶一郎
慶一郎
なんだよ笑
あなた

えっと、ポケットの中にティッシュは…

涼雅
涼雅
あ、待って、ごめん。
それ俺かも
あなた

あ、いや、大丈夫なんですけど
出来れば抜いて欲しいっていうお願いです

あなた

すみません!

さつき
さつき
なんで謝ってるの?
あなた

わかってること言われるのって少しムカつくので笑

小太郎
小太郎
あー、そんなことで謝らなくていいよ
あなた

m(_ _)m

あなた

じゃあ、お風呂入ってきます!

三波斗
三波斗
行ってらっしゃい!
小太郎
小太郎
行ってらっしゃーい

・・・ お風呂 ・・・
あなた

(明日早起きしてトイレ掃除しようかな。)

あなた

(昼間だと待たせちゃう可能性もあるし、)

あなた

(明日から、9bicの家政婦!ちょっと違うか笑)


・・・ リビング ・・・
あなた

入っていいですよ!

三波斗
三波斗
じゃあ俺入ってくる!
あなた

私部屋にいますね

小太郎
小太郎
はーい