無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🤞🏻

・・・習い事の帰り ・・・

あなた

(あー、疲れたー、今日も上手くいかなかった。)

あなた

(しばらく家1人になるし今日はゆっくり帰ろ)

あなたは母子家庭で兄弟もいなく、母は月に1回出張に行ってしまう。
そのため時々家に1人になる。
あなた

(あー、まだ明日も学校だ。しかも部活か、)

あなた

(なんか、疲れた、もう消えたいな)


ドンッ
あなた

あ、すみません!
私がぼーっとしてて、怪我ないですか!?

男
男
あ、ごめんね。
俺は大丈夫だけど、君は大丈夫?
あなた

あ、全然大丈夫です!


立ち上がり、見上げてみると…
あなた

え!?

男
男
ん?どうした?
あなた

いや、え、あの、六花清春さんですよね?

清春
清春
え、俺の事知ってんの!?
あなた

え、あ、はい!

清春
清春
ありがとう
小太郎
小太郎
きよーーー!
なにしてんのー?
清春
清春
あ、ごめん
小太郎
小太郎
ってこの子誰?
あなた

あ、すみません!邪魔ですよね!
帰ります!

清春
清春
あ、、

スタスタスタ

あなた

(はぁ、疲れた。本物に会っちゃった!)

あなた

(え、どうしよ、イケメンすぎた。なんか今日頑張ってよかった、でも明日になったら嫌になってるんだろうな。)



きよside
小太郎
小太郎
なんか、ごめん、
清春
清春
あ、全然平気!
小太郎
小太郎
あの子誰なの?
清春
清春
たまたまぶつかっちゃったってだけやで
小太郎
小太郎
そうなんだ
清春
清春
帰ろか
小太郎
小太郎
うん!

あなたside


・・・ ベット ・・・

あなた

あぁ、今日は幸せだったな
明日も幸せになったらな
なんてそんなに毎日起きないか(苦笑)

あなた

おやすみなさい


あなたは誰もいない家でおやすみと言い9bicのことを考えて眠りにつきました