無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🤞🏻
・・・ 市川room ・・・

あなた

(はぁ、大丈夫かな、お母さん…グス)

ドタドタドタ


コンコン
あなた

(誰かな?大丈夫かな?)

あなた

は、はい

清春
清春
入ってええ?
あなた

うん

あなた

(やばい、泣いてるのばれる)

清春
清春
(絶対あなた泣いてたやん。まぁ、どうせつよがるんやろうけど)
あなた

市川くんは?

清春
清春
今みんなに話してるで
あなた

え、きよちゃんは?

清春
清春
俺はー心配だから(ボソ)
あなた

ありがとうございます(ボソ)

清春
清春
そういえばお父さんは?
あなた

いない。
いないっていうか私が生まれて少ししてから死んじゃいました。
それからお母さんがずっと1人で育ててくれて、たまにお母さんに「お母さん1人で育ててくれてありがとう!」って言うと「おばあちゃんとかも手伝ってくれたのよ?」って言われます

あなた

でも、多分それはほんの少しで…
本当に苦労してくれたんだと思います。

清春
清春
そっか。
ごめん、辛いこと思い出させて
あなた

いや、大丈夫で、す、グス

あなた

(あ、やばい、また泣いてる。引っ込め涙!)

清春
清春
(やっぱそうだよね、無理してるよね。)
 清春は何も言わずあなたの背中を優しくさすった
あなた

(きよちゃんがそんなことするから余計…グス)

ガチャ
慶一郎
慶一郎
あ、清春
ちょっといい?
清春
清春
はい。あなたちょっとまってて
あなた

(多分私のことだよね。ごめんなさい。ごめんなさい)


・・・ 廊下 ・・・
慶一郎
慶一郎
あなたのことなんだけど
慶一郎
慶一郎
多分清春が1番話しやすいから明日やっぴが来て話をした後にあなたの気持ちを聞いて欲しい。
難しいのは分かってる
清春
清春
分かりました。
清春
清春
俺からもお願いなんですけど
慶一郎
慶一郎
ん?
清春
清春
あなた強がって涙こらえるので優しくさすってあげてください。
慶一郎
慶一郎
分かった。本当にありがとう
泣きつかれたら寝るよな、多分
清春
清春
はい

・・・ 市川room ・・・
慶一郎
慶一郎
ごめんな、
あなた

いや、市川くんは悪くないです

慶一郎は清春に言われた通りに優しく背中をさすった
あなた

(うっ!市川くんまで)

慶一郎
慶一郎
寝ていいよ?たくさん泣いて寝な?
あなた

(もうヤダ、本当にやだ、なんで自分はこんなに…こんなに…グス)