無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

🤞🏻
電話を切った後あなたの顔が急に曇った
あなた

(正夢になっちゃった。)

あなた

(どうしよ。)

慶一郎
慶一郎
あなた?
慶一郎
慶一郎
お母さん?なんかあったの?
あなた

グス

慶一郎
慶一郎
え、ごめん。
あなた

あ、すみません

慶一郎
慶一郎
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
あなた

お母さんが出張先で暮らすことになって転校するか1人で暮らすかって。
お母さん止めようとしたけどそんなこと出来ない、楽しそうにやるお母さん邪魔できない。グス

慶一郎
慶一郎
そっか。
じゃあ俺らと暮らす?
(お母さんなら許すだろ)
あなた

え?

慶一郎
慶一郎
だって転校したくないんだろ?
あなた

う、うん

慶一郎
慶一郎
じゃあ俺らと暮らせばいいじゃん
あなた

でも、

慶一郎
慶一郎
その代わり9bicの件も考えて欲しい
あなた

分かりました。

慶一郎
慶一郎
(´。・ω・)ノ゙いい子
慶一郎
慶一郎
今日は寝ていいよ?
寝て落ち着きな?
俺みんなに話してくる
あなた

いや、じゃあ私も行きます

慶一郎
慶一郎
いいから寝てろ
今あなたが話しても余計苦しくなるだけ
涙止まらなくなるだけ
あなた

(それも、そうかも…)

あなた

じゃ、じゃあ

慶一郎
慶一郎
あ、迷惑なんて思ってねぇからな!
気にすんなよ
慶一郎
慶一郎
おやすみ
あなた

おやすみなさい

あなた

(市川くんって優しい)

あなた

(でも本当にどうしよう。)

あなた

(私がアイドルなんて考えられない)

あなた

(あーせっかく悩みなくなったのに)

あなた

(待って、9bicに入ったら部活出来ない?それだけは…)

あなた

(しかも9bic恋愛禁止じゃ…)

あなたには好きな人がいた。
とても優しく運動神経抜群で同じ部活の部長でとても頼れる
でもシャイなのが可愛くて

ちなみに副部長はあなたとここ
あなた

(諦めなきゃなのかな)