無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

🤞🏻
・・・ 朝 ・・・
6:30
ピピピ
あなた

(あ、昨日…さっちゃんに…)

さつき
さつき
ん、
さつき
さつき
あなたおはよ
あなた

おはよ

あなた

昨日はありがとう

さつき
さつき
いいよ!
絶対正夢にはしないから安心してね!
あなた

うん

さつき
さつき
(まだ不安だよね…でもそんな事絶対に起きない)
あなた

私色々やってくるからさっちゃん寝てていいよ?

あなた

昨日寝れなかっただろうし

さつき
さつき
じゃあ7時まで寝ようかな
あなた

うん

さつき
さつき
あなたは大丈夫?
寝れなかったのはあなたじゃない?
あなた

私は大丈夫!
昨日少し早めに寝たから
睡眠時間はあんまり変わってないはず

さつき
さつき
そっか
あなた

うん

あなた

じゃあ7時にまた来るね

さつき
さつき
うん

・・・ 朝の掃除中 ・・・
あなた

(はぁ、さっちゃんの事信じてないっていうのは違うけど、安心なんて出来ない)

あなた

(いくらいい人でもいつ裏切られるかなんてわかんない)

あなた

(ここともう1人の部活仲間と3人でいたのに裏切られてその子はやめてった)

あなた

(学校では話さないし…すごく仲良くてめっちゃいい子だと思ってたのに…)

あなた

(人間って怖い)

あなた

(あーあの時の記憶なんて無くなればいいのに…考えただけで嫌になる)

あなた

(泣くな、絶対に泣くな)

あなた

…>_<…

慶一郎
慶一郎
ヽ(・ω・`)ポンポン
慶一郎
慶一郎
おはよ
あなた

あ、おはよ

慶一郎
慶一郎
(泣いてんのバレてないとでも思ってんのかな)
慶一郎
慶一郎
無理すんなよ
あなた

うん

慶一郎
慶一郎
みんな起こしてくる
あなた

(慶にぃ…バレちゃった…)

あなた

(じゃなくて、ごはんの準備)

あなた

(元気に!みんなに心配かけないように)

慶一郎
慶一郎
(元気ないけどなんかあった?泣いてたし)
慶一郎
慶一郎
(まぁ聞いても言わないだろうから聞かないけど)