無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🤞🏻
あなたは疲れてリビングで寝てしまった


・・・ 夢 ・・・
プルルル
あなた

え、誰?

あなた

お母さん?

・・・ 夢の中の電話 ・・・
母
母
もしもし?
あなた

もしもし
どうしたの?

母
母
あのね、ゆっくり聞いて欲しい。
あなた

う、うん

母
母
お母さんこっちで暮らすことになっちゃった。
1回家に帰るけどそれも3週間後くらいになっちゃう。
それであなたはどうする?
お母さん的には一緒に来て欲しい。
あなた

んー、でもそしたら転校だよね?

母
母
そうなるね、
嫌だよね、、
1人で暮らしてみる?心配だけど…
あなた

1人!?え、やだ、
1人も嫌だけど転校も嫌

母
母
そうだよね。
あ、そろそろ戻らなきゃ。
考えといて。
最後に
母
母
あなたごめんね
あなた

‪( •̥ ˍ •̥ )‬

・・・ リビング ・・・
(現実)
あなた

はっ!夢かって泣いちゃった

あなた

(夢見たのなんてきよちゃんの夢以来だな)

あなた

(お願いだからこれは正夢にしないで…)

あなた

(誰にも気づかれないうちに顔洗お)

あなた

今何時だ?

18:30
あなた

あ、ご飯!急がなきゃ

ドン!
あなた

え!あ、すみません!

さつき
さつき
大丈夫?ごめんね
あなた

大丈夫です!

さつき
さつき
なんでそんなに急いでるの?なんかあった?
あなた

あ、いや、夜ご飯になっちゃうなって

さつき
さつき
あー、そんなに急がなくても笑
あなた

え、でも
そろそろ作らなきゃじゃ

さつき
さつき
もうそんな時間かー
一緒に作る?
あなた

え!いいの?

さつき
さつき
うん!(๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑)
あなた

(うわぉ、さっちゃんの笑顔は癒される)

あなた

可愛い(ボソ)

さつき
さつき
ん?
あなた

あ、いや、作ろ

さつき
さつき
うん
さつき
さつき
(本当は聞こえてたけどね笑)