無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

🤞🏻
・・・ 朝食後 ・・・
8:00
あなた

今日って何時に家出るの?

慶一郎
慶一郎
9時かな
あなた

分かった

あなた

準備してくる

慶一郎
慶一郎
うん
・・・ あなたroom ・・・
あなた

(これだったら動きやすいかな)

あなた

(靴とかないけど…)

慶一郎
慶一郎
あ、あなた
あなた

ん?

慶一郎
慶一郎
これ
あなた

え?

慶一郎
慶一郎
靴ないだろ?
買っといたからこれ使え
あなた

ありがとう

あなた

(こんなん買ってもらってよかったのかな)

慶一郎
慶一郎
9bicに入れって意味じゃないから
使わなかったら外履きにしていいから
あなた

うん

~準備終了~
8:30
さつき
さつき
あなた?
あなた

ん?

さつき
さつき
朝なんかあった?
あなた

え?

さつき
さつき
まだ不安?
あなた

あ、いや、

あなた

なんで?

さつき
さつき
市川くんに聞かれた
あなた

え?

さつき
さつき
僕があなたの部屋にいたから
あなた泣いてたけどなんかあったのか?って
あなた

…(やっぱバレてたんだ…)

さつき
さつき
市川くんには言ってもいいかなって言っちゃった
あなた

うん

さつき
さつき
ダメだった
あなた

((-ω-。)(。-ω-))ウウン

さつき
さつき
よかった
さつき
さつき
僕も最初はダンス本当に出来なかったけど
先生ダンス出来ないことに関しては怒らないから大丈夫!
あなた

そうだよね…

あなた

ありがとう!
さっちゃん!( *´﹀`* )

さつき
さつき
うん!(●︎´▽︎`●︎)
さつき
さつき
(あなた本当にわかりやすいな、苦笑いなの分かる…でも何も出来ない)
あなた

(苦笑いバレてないかな、頑張って笑顔作ってみたけど…)

慶一郎
慶一郎
そろそろ行くぞー
9bic
9bic
はーい
あなた

…はい

慶一郎
慶一郎
大丈夫だから
安心しろ
なんかあったら俺が守ってあげる
ただ無理だけはすんなよ
昔から無理する癖変わってないってお母さんが言ってたぞ
慶一郎は座ってたあなたの目線の高さにを合わせ
前に座り優しく声をかけた

あなたは不安で押しつぶされそうで
今にも涙が出そうな顔をしていた
あなた

(こんなんじゃだめだよね、変わらなきゃ)