無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

無意識
月島   視点
俺は村瀬さんとは話した事はなかった。

だけど、何故か村瀬さんの事は覚えていた

さっきは髪の毛を触ってしまった

綺麗だったから、ずっと触ってみたいと思っていたがまさか、あの時に触ってしまうなんて。

自分でも信じられなかった

だって、、、




























































無意識にやってしまっていたから
月島蛍
月島蛍
(一目惚れ…かな?)
(( 'ω' 三 'ω' ))

絶対に違う!

僕が一目惚れなんてするはずがない。

けど、弓道部が入って来た時から村瀬さんを探していた………

月島蛍
月島蛍
(僕、おかしくなったな)

あなた 視点
いつも通り練習が始まった。

私が射る番になると、皆が私に視線を向けてきた
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
(深呼吸して。ゆっくり矢を引いて、構えて、射る!)


カァン!←弦音
烏野
(綺麗な音
弓道部
(綺麗。
月島蛍
月島蛍
綺麗(ボソッ
ん?

月島さんまた何か言ったよね?

あ、弦音の方か
月島蛍
月島蛍
(多分勘違いしてるな。僕は弦音と同じ位村瀬さんが綺麗だと思って言ったのに。


って!自分何言ってるんだよ!!)


私は月島さんと視線があった

村瀬(なまえ)
村瀬あなた
ニコッ
月島蛍
月島蛍
////!!ッ

………………………………………………
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
カァ/////
何やってるんだ!自分!


✂︎-----------------㋖㋷㋣㋷線-------------------✂︎
作者
作者
展開が進んでゆくー!