無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

嫉妬
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
凛ありがとね。
神崎 凛
神崎 凛
へ?いや、幼なじみとして当たり前っていうか、、
神崎 凛
神崎 凛
(危ねぇ。あなたの「ん?」だけで寿命縮むからな。早めに止めといてよかった。








月島蛍
月島蛍
散々だったね。
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
蛍!
月島蛍
月島蛍
そんなに大きい声で呼ばないで
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
ご、ゴメン(´・ω・`)
月島蛍
月島蛍
ん"ん"!
月島蛍
月島蛍
とにかく、何かあったら言ってよね。
彼氏なんだから(ボソッ
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
うん…////
月島蛍
月島蛍
照れないでよネ。///
神崎 凛
神崎 凛
(私空気じゃん。























女子
何?あの女。
女子
ウザッ!蛍くんにベタベタしやがって
女子
ねぇねぇ。




































いじめよ。あの女
女子
イイネ!
女子
じゃあ、早速やりますか!














その日の練習は終わって片付けをしていると……
女子
村瀬さんいますかー?
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
はい。なんでしょうか。
女子
先生が呼んでます。
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
あ、そうなんですね。ありがとうございます。


私は体育館を出て職員室に行こうとしたが

体育館から離れたところで





















ゴォン!!!!




バットで頭を打たれ意識を離してしまった


























パチッ

目が覚めた途端、打たれたせいが頭に痛みがはしる
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
イタッ
女子
あ、起きた〜?
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
あなた達は見学していた、、入部希望者?
女子
せいか〜い!
女子
私達ね見たんだ。
蛍くんと話していたところ❤
女子
バレー部と仲良いんだねー❤
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
そうだけど、これと貴方達になんの関係が?
女子
関係ありまくりだよ〜!
女子
だって私達はバレー部目当てで入部希望したのに、アンタがバレー部と話していると入部しても意味ないじゃん。
女子
だ・か・ら❤
女子
弓道部
退部しなよ
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
え?
私は何を言われているか分からなかった

私は弓道が大好きだったのに……なんで?
女子
言うこと聞かないなら〜





ボコッ!!
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
イッッ!
女子
こうだからね❤
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
ない…
女子
ん?
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
やめない!絶対に弓道なんかやめない!
女子
ふ〜ん。ならいいやー。やっちゃって

ボコッ!!

バコッ!


私はずっと殴られた

数名が一気に殴ってくるから傷は沢山ついていく
村瀬(なまえ)
村瀬あなた
(あ…もう無……リッ…
バタッ
女子
あれ?コイツ倒れたんだけど
女子
もうおしまい?つまんないの〜。
女子
今日はもう帰ろー。
倉庫のカギはちゃんと閉めてっと!
ガチャ
女子
これでよし!
女子
コイツ飢え死するんじゃね?
女子
チョー笑えるじゃん!
女子
(*≧∀≦*)キャハハキャハハ































月島   視点
あなたが先生に呼ばれてから随分と経つけどあなたは戻ってこない
月島蛍
月島蛍
あの、
前田  舞
前田 舞
ん?どうしたの?
月島蛍
月島蛍
あなた知りませんか?
前田  舞
前田 舞
あなたね先生に呼ばれてから帰ってきてないんだよね。荷物も見たけど部室に置いてるし。
月島蛍
月島蛍
ッ!!


タタタッ!


僕は嫌気が差して誰も来ない倉庫の前に行った

カギが閉まってる

僕はカギをとりに行ったらいいのに、その時、僕は何も考えれなくて素手で開けてしまった

手からは血が出ているのにそんな事をものともせず

扉を開けた……























そこには倒れていたあなたの姿が、、

月島蛍
月島蛍
!!
あなた!!
月島蛍
月島蛍
僕が、ちゃんとしてなかったから、、
月島蛍
月島蛍
グスッ
月島蛍
月島蛍
う、グスッグスッ…
泣いてる暇なんてないのに、

涙が止まらなかった
月島蛍
月島蛍
(早く運ばないと
ヒョイッ
月島蛍
月島蛍
は?軽?!
月島蛍
月島蛍
(ホントにご飯食べてるの、、
タタタッ!!



この時間、保険室は空いてない為僕は体育館に急いで走る
月島蛍
月島蛍
絶対にハァ助けるから

✂︎-----------------㋖㋷㋣㋷線-------------------✂︎
作者
作者
今日長いですわーー!