無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11・亜白ミナ


ついに復帰や!!!!!




















やっとみんなに会える‼︎








(なまえ)
あなた
保科!
保科
保科
お、あなた!おかえりやなぁ!
(なまえ)
あなた
お待たせしましたぁ











ミナは、、、
















亜白ミナ
亜白ミナ
あなた、保科
(なまえ)
あなた
ミナ!よかったぁ、、、心配したんやで……
保科
保科
ようなってよかったわ
亜白ミナ
亜白ミナ
心配かけた。でも私はもう大丈夫。もっと強くなるから。
(なまえ)
あなた
ミナ!ちゃんと休まなあかん!ミナは頑張りすぎや!!!
亜白ミナ
亜白ミナ
っ、でも、私が強くならないとあなたを守れない……
(なまえ)
あなた
分かった。じゃああなたがミナより強なる。そしたら守ってもらわんでも良くなる。
(なまえ)
あなた
分かった?絶対ミナ超えたるからあなたのこと守らんでええ。自分と市民を大事にして。
保科
保科
せやで。僕もしょーみあなた専属の護衛につきたいくらいや。でも僕らは防衛隊や。いつ別れが来るかもわからへん。
保科
保科
自分の身は自分で守れ。仲間の命ももちろん大事や。でも僕らの仕事は市民を守るってことは忘れんなや。
(なまえ)
あなた
あなたは命の優先順位を決めとる。あかんってことくらいわかっとるけど、、、
(なまえ)
あなた
1番大事なんはやっぱりミナと保科や。その次は市民。んであなた。
(なまえ)
あなた
でも2人は自分のこと自分で守れるから1番あなたが守るべきなんは市民や。
保科
保科
話ごちゃごちゃになって来て分からへんけどまぁ僕らと市民とあなたの事大事ってことな。
(なまえ)
あなた
まぁそんな感じや。
亜白ミナ
亜白ミナ
じゃあ私は全部守ってみせる。私も、保科も、あなたも、市民も、他の隊員も。
亜白ミナ
亜白ミナ
ほら、もう帰りなさい、時間でしょ?
(なまえ)
あなた
了。早よ元気になって戻って来てや!
保科
保科
ほなまたな















ミナももう復帰している。
















なのに戻ってこなかった。
















今は西の部隊で小隊の隊長をしているらしい。












保科
保科
、、、あなた。僕らも自分の体が持てるくらい強なるで。んで、亜白を迎えに行こ、な?
(なまえ)
あなた
うん、、、また3人でバカやりたい。笑って楽しく過ごしたい、、、!
保科
保科
死ぬほど訓練して強なる。亜白に追いつく。それがあいつ迎えに行く1番の近道や。
(なまえ)
あなた
うん、頑張る!