無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4・スタートライン
2週間後






予想通り、合格の通知書が来た。






(なまえ)
あなた
やっとスタートラインや………









そう。







スタートラインに立っただけ。







これからが本番。






全部、殺す。







1匹残らず、








細胞一つ残さず……………


















任命式











男性
男性
合格者代表主席、保科宗四郎
前へ。代表挨拶を。
保科
保科
はぁーい
保科
保科
えー、まぁ全部僕がぶっ潰してやりまーす。以上でーす





















ザワザワ













え?は?














(なまえ)
あなた
(´^ω^`)ブッフォwww
(なまえ)
あなた
ちょwwすいませんwwwwww
(なまえ)
あなた
んん''っ、はい、どうぞ続けてくださーい


笑ってもうたやんけあのアホのせいで





こーゆーのは目つけられる前に謝れって





どっかで聞いた
男性
男性
・・・・・
男性
男性
保科宗四郎、夢野あなた、お前ら2人は式の後残れ。
(なまえ)
あなた
は!?え、ちょ、うそやん!
(なまえ)
あなた
亜白ミナ
亜白ミナ
あなた………
男性
男性
お前っ、
亜白ミナ
亜白ミナ
すみません代表!2人の不始末は私の責任、どうか見逃してあげてください。
男性
男性
………?亜白ミナ、お前は2人とどう言う関係だ?
亜白ミナ
亜白ミナ
私は、え?私は、えーと、2人の………
亜白ミナ
亜白ミナ
保護者?監督?です?
男性
男性
・・・
男性
男性
亜白ミナ、お前も残りだ。
男性
男性
では、解散!









えー








男性
男性
保科宗四郎、夢野あなた、亜白ミナ。式での態度・及びに不必要の私語合わせて寮内全部屋掃除だ。
保科
保科
ええ!?全部屋!?もうちょい少ななりませんかねぇ?
(なまえ)
あなた
おい保科ばかお前もう黙っとけあほ!
亜白ミナ
亜白ミナ
、、、早急に終わらせます、代表。











数時間後















(なまえ)
あなた
あ"ーーーーーー、やっと終わった、もー!
(なまえ)
あなた
保科のせいやでこのあほ!
保科
保科
いやー、すまんすまん。
(なまえ)
あなた
ミナもわざわざあんなこと言ってくれやんでよかったのに………
亜白ミナ
亜白ミナ
大丈夫。私の意思だよ
(なまえ)
あなた
そう、、、ごめんなぁ……
亜白ミナ
亜白ミナ
あなたは悪くないよ?悪いのは、
亜白ミナ
亜白ミナ
( ≖_≖)(睨)
保科
保科
あ、僕?
亜白ミナ
亜白ミナ
そうよ。保科くんが余計なこと言い出すからあなたが笑ったんだから。
保科
保科
それも俺のせいなん!うわー、パワハラやパワハラ
(なまえ)
あなた
まぁまぁ、無事終わったし、はよ部屋行って休もや!
保科
保科
せやなー、寮で暮らすんやもんなぁ
保科
保科
あっ、寮ぐらしやから毎日会えるな♡
(なまえ)
あなた
はいはい
亜白ミナ
亜白ミナ
じゃあ私達は女子館行くから、じゃあね。
保科
保科
ほんじゃまた明日の訓練でなー
(なまえ)
あなた
んー。