無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9・本獣

















ドォォォォォン

















さっきより威力が増している。












が、その攻撃はあなたでない隊員へのものだった。



















      『うわぁぁぁぁぁ、!』
















正面から食らってしまっている。















、、、助けに行く暇もなかった………













考える暇なんて与えられず、







保科
保科
あなた!次や、くるで!









スゥゥゥッ、














怪獣
怪獣
ガァァァァッ











ドカァァァァアアン
















(なまえ)
あなた
っ、あぁ、!
保科
保科
っ、ザシュッ











ギャァァァァァァァァァァ‼︎‼︎

















殺った、













保科、流石やぁ、













怪獣の断末魔を聞きながら、















意識が遠のいてゆく。














それと同時に、















保科
保科
あなた‼︎‼︎‼︎















保科の声がする。
























(なまえ)
あなた
……………
保科
保科
おい、あなた‼︎
保科
保科
小隊長‼︎はやくあなたをっ‼︎お願いします‼︎
女
夢野!しっかりして!すぐに救護が来るからね、もう少し頑張って!
亜白ミナ
亜白ミナ
あなたっ!!!!!
保科
保科
亜白………
亜白ミナ
亜白ミナ
保科!何であなたを守ってないのよ馬鹿!!!早く救護は!?まだなの!?
女
保科!救護が来たわ!夢野を担架に乗せてあげて!
保科
保科
あなた、ちょっとごめんな、









スッと抱き上げる。
















(なまえ)
あなた
ゴホッ、保科、、、
亜白ミナ
亜白ミナ
あなた!平気!?痛いところはどこ!?
女
落ち着いて亜白。あなたは大丈夫だから。安静にさせてあげて?
保科
保科
、、、すまんかった、あなた、亜白………僕がおったのにあなたのこと守れやんかった………
女
保科、よく聞いて?防衛隊はね、そう言う場所なの。命の危機とともにあるの。
女
第一、市民を守るための防衛隊員が防衛隊員を守ってどうするの?ここに隊員として来たからには死の危険と隣り合わせなの。
女
隊員の命が大事なら、防衛隊なんて辞めてしまいなさい!
保科
保科
はい………














そうこうしているあいだに、













あなたは救護班に運ばれていった。