プリ小説

第11話

あなた

もっと食べたかった…






「何食べる?」
「ん〜、シナモンメルツ!」






ん?なんか聞いたことある声や…(


なんだっけ…
あなた

あ、え、こっこ…

こっこ
こっこ
…あなた?





ん?でも微妙に顔が違うような…(


いっか、あ、でも、名前知られてる…

…いいや、無視しよ(
あなた

ねぇ!ゆんぎ!でぃずーにー行こ!

ゆんぎ
ゆんぎ
え、あ、は?

あらゆんぎかなり驚いてるじゃないの(
あなた

ねぇ、でぃずにーーーー!

ゆんぎ
ゆんぎ
あー、はいはい、でも、





… ( ˙-˙ )
こっこ
こっこ
兄さん、彼女…ですか?
ゆんぎ
ゆんぎ
…おう



んぇぇぇぇぇぇ?あ?今なんった?お?



私の事彼女つった?あ?(
あなた

え、?

ゆんぎ
ゆんぎ
行くぞ



…ん?

???





私いつからこの金持ち爺の彼女なったっけかや…


うーん…記憶にねぇ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

てぐ 。( 火曜日復活
てぐ 。( 火曜日復活
1話1話サクって読めちゃうよーおおおお( ほれほれ。おいでおいでぇ(
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る