無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

702
2021/09/29

第11話

第8話



ある日






学校を帰っている途中だった






灰谷蘭
ねぇねぇそこのお姉さん
灰谷蘭
道教えて欲しいんだけど


聞き馴染みのある声……?


黄莉魅  (なまえ)
黄莉魅 あなた
いいですy
灰谷蘭
あれっ!?あなた!?
黄莉魅  (なまえ)
黄莉魅 あなた
蘭くん…
黄莉魅  (なまえ)
黄莉魅 あなた
お久しぶり👋




『灰谷蘭』




六本木のカリスマとも呼ばれてる有名な人





最近横浜天竺に入ったという噂もある




私はこの『灰谷蘭』と知り合いなのだ


黄莉魅  (なまえ)
黄莉魅 あなた
少年院出てたんなら言ってよね
灰谷蘭
はいはーい
黄莉魅  (なまえ)
黄莉魅 あなた
てか、どこ行きたいの?
灰谷蘭
あなたの家
黄莉魅  (なまえ)
黄莉魅 あなた
あっ、うっす…




10分後




灰谷蘭
まだここ住んでたんだ
黄莉魅  (なまえ)
黄莉魅 あなた
まぁね
ボロだけど許してよ
 










『灰谷兄弟』は私の過去を知る唯一の人達だったんだ





















-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------











わ た し
わ た し
↑↑↑これも読んでいただきたい…