無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

昔の記憶
数十年前

とある夫婦に美しい女の子が

産まれました。
成長していくうちに

周りから、

"美しい子" "奇跡の子"

っと呼ばれるようになりました。



透き通るような白い肌
見惚れてしまうほどの美しい顔
なにかを見通すかのような瞳
その子の涙は
傷を癒し、病気まで治すという。
その子の声を聞けば


幸せになれるという。
その子の血を飲めば
100年長生きできるという。





その事を聞いた人達は、一目見ようと押しかけてきました。




そして、いつしか悪の耳にも届き。



××年×月×日に連れ去られてしまいました。


親は悲しみでいっぱいだったでしょう。

その子は連れ去られた後は、悪の手により実験台として扱われてきました。

小さかったので自分の親すら顔を覚えられないでしょう。


ただ1人孤独に痛みに耐えながら。
ただひたすら助けを待つのみ。






その女の子の名前は



日下部あなた








































〜〜〜
あなた
あなた
ハァハァハァ
あなた
あなた
急がないと追いつかれる。
私は、長い長い廊下を出口へとひたすら走りました。
後ろから怒鳴りながら追いかけてくる人
あなた
あなた
もう。捕まってたまるか。
あかりが差しているところが見えた。
あなた
あなた
出口?
やっと外に出れた。
眩しい光が私を照らしてる。
あなた
あなた
こんなにも太陽は綺麗なんだ。
私は、そう思いながらも逃げ続けた。
後ろにはもう誰もいない。
あなた
あなた
ハァハァハァ
あなた
あなた
やっと逃げられた。
私は、一安心したようにゆっくりとその場に座った。
なぜだかはわからないけど涙が出てきた。
あなた
あなた
こんなにも外の世界は、輝いているんだね。
あなた
あなた
こんなにも、外の世界は美しいんだね。
私は、外の世界がとても輝いているように見えた。
涙を流したので、体にある傷全てが消えた。
あなた
あなた
この後どうしよう…。
脱走してきたので家はないし、

まず自分の家族も知らない。
あなた
あなた
まずは、家を確保しないと。
私は、人気の少ない森の中に家を建てることにした。
あなた
あなた
(私が暮らせるような家が出てきたら。)
そう思った瞬間に家が出てきた。
あなた
あなた
よし。
自分の能力を活かして家を作ったのだ。

(自分が第4世代だとわかっているためできる!)
私は、ドアを開け中に入った。
中は、とても広く

素敵な壁紙で

家具も揃えられている。
私は、家に腰をかけた。
あなた
あなた
ふぅ〜。
あなた
あなた
家は確保できたけど。
あなた
あなた
問題は、この後どうするか。
あなた
あなた
家族は分からないし…。
あなた
あなた
かと言って頼る人もいない…。
どうしようかと悩んでいたら。
あなた
あなた
あっ。そうだ。
あなた
あなた
えっと、第なんとか消防隊だっけ?
あなた
あなた
世界の平和を守る所
ズキ
っと頭が痛くなった。
あなた
あなた
うっ。
昔の記憶?
が見えた。
あなた
あなた
だ…れ?あな…た達…は…。
見えるのは、小さな黒髪の男の子

小さな白髪の男の子を抱いてる女の人。
なにかを話してる。
あなた
あなた
なに…?なん…って言…てる…の?
その人達は、笑っていた。
なにかを話してる。
女の人の後ろから小さな金髪の女の子が出てきた。

みんなで一緒に笑っている。
あなた
あなた
あ…れ?な…んで。
あなた
あなた
わた…し…がいる…の…?
そこには、小さい頃の私がいた。
私は、そこで意識が途切れた。
作者
作者
読んでくださりありがとうございます。
次回もお楽しみに