無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

 🕊 
1,869
2020/08/08 00:00



時計の音が チク ッ タク ッ チク ッ タク ッ と、鳴り続ける・・・

私の隣には、 璉 が。


そして、 目の前には 昨日引っ越してきた 永瀬 さんがいる。



もちろん。もう、 あの話は終わっている・・・


 わ た し 
 わ た し 
( * ॑꒳ ॑*)??
 璉 
 璉 
( * ॑꒳ ॑*)??
 永 瀬 
 永 瀬 
そっくりですね(笑)
 わ た し 
 わ た し 
・・そ、そうですか?(照)
 永 瀬 
 永 瀬 
ホンマにそっくりです。(笑)


やっぱ、 “ 親子 ” って 「 似 て る 。 」 、

「 そ っ く り 。 」 って言われると、 嬉しい(?)


なんか、 ほんとに 血 の繋がった子なんだな。 って感じる。


でも、 私の場合 こういう経験 は少ない・・・



 わ た し 
 わ た し 
なんか、 初めてです。(照)
 永 瀬 
 永 瀬 
え・・?
 わ た し 
 わ た し 
あ、あの〜、、 その〜....
私、 あんまり 「 似 て る 」 とか言われたことなくて。(笑)
 永 瀬 
 永 瀬 
そうなんですか?!
 わ た し 
 わ た し 
・・・はい。
どちらかと言うと、 父親似 で。
 永 瀬 
 永 瀬 
なんか、 すみません。
 わ た し 
 わ た し 
あ、 ほんと いいんです。。(笑)
 わ た し 
 わ た し 
ちょっとだけ、 言われて嬉しくて...)ニコッ


“ シングルマザー ” という 感じから・・・


世間では、 冷たい目 で見られることが多くなった。



別に、 “ 離婚 ” とかそういうのをした訳でもない。

“ 夫婦喧嘩 ” とか “ 別居 ” とか –––––––

でも、 私の場合は違う。。



 ただ、 不慮の事故 で亡くなっただけだ。。


なのに、 、 「 可 哀 想 」 「 将 来 が 不 安 定 」
「 友 達 と の 差 別 」 「 親 同 士 の 差 別 」 


等など、 たくさんある。









その中で 唯一 言ってくれた・・・


「 そ っ く り 」 って –––––


こんなに、 気持ちが暖まるものなんだって感じた。


 璉 
 璉 
ママ〜ぁ?
 わ た し 
 わ た し 
・・・ん?なに?(笑)
 璉 
 璉 
ごはん〜ぅ(⑉・̆н・̆⑉)
 わ た し 
 わ た し 
あっ、! ご飯・・・
 永 瀬 
 永 瀬 
そう言えばもう、 朝の8時ですね。(笑)
 わ た し 
 わ た し 
8時?!
 璉 
 璉 
ママ、 しゅぽぽっ!
 わ た し 
 わ た し 
そうだ。 ヤバい。。ヤバいよ〜!←



今日から、“ 保育園 ” に行くことが決まって・・・

色々買わなくちゃ行けないのに〜ぃ!!!


それに、、 電車 で行くって言ったから 張り切ってる。


ヤバい。。 急がんとおおおお!!!!

 永 瀬 
 永 瀬 
手伝いましょうか・・・?
 わ た し 
 わ た し 
へっ・・// 
 永 瀬 
 永 瀬 
ほんの少ししか出来ないんすけど・・・
その〜、 さっきのお詫びです。(笑)
 わ た し 
 わ た し 
あ、 いや・・でも、ですね(笑)



昨日引っ越してきた隣人に、 手伝わせるわけにはいかない。


だってまだ、 引越し終わったあとの 家具配置とかあるはずだし・・・





ここは、 きっぱりと断らないとね。。 (笑)


 璉 
 璉 
おしっこ〜ぉ!
 わ た し 
 わ た し 
えっ、 えっ?!



え。 。


え?!?!









さっき行ったのに。 また、 おしっこ〜ぉ?!←






なんか、 小さな 可愛い おじいちゃん みたい( *´꒳`*)♡


・・・じゃなくて、 !!!

 永 瀬 
 永 瀬 
あ、 俺やりますよ。 トイレは・・・
 わ た し 
 わ た し 
あ、 洗面所の 右側の扉です。
 永 瀬 
 永 瀬 
よし。 行こかっ!(笑)
 璉 
 璉 
しっこ、しっこ〜ぉ!←



はあ –––––


最悪だ・・・。 とても心が綺麗な方の前で、

「 お し っ こ 」 ではなく、 「 し っ こ 」って・・・




はあ。 明日から、ママは怖いよ。 脅されそうで・・・

どうしよう。 翔唯 –––––– 。



私たちはもしかすると、 ヤバい年になりそうな雰囲気です。