無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

 🕊 
2,119
2020/08/05 14:34



 廉 




)ガチャ・・・


ここが、 新しく住む場所か・・・


アイドル っていう仕事をやって、

バレないようにオートロック付きの家にして・・・



ここが新居。


 永 瀬 
 永 瀬 
まあ、片付いたか。


それにしても、 ここの部屋は 静か やな。。


なんか、前のところとはちょっと違うな。(笑)


すんごい落ち着くわ〜ぁ。














疲れた時いつもは隣から “怒鳴り声” とか聞こえてたけど、


ここは、そんなに 大きな声 とか出んし落ち着くわ。



疲れた時でも、ゆっくり休める気がするわ・・・



 永 瀬 
 永 瀬 
てか明日 隣人 に挨拶しないとな・・・



ほんま、 ファン とかやったらどうしよう。


マジそん時は最悪やわ・・・・




帰ったら、 毎回 おりそうやし。。


あぁ、 今回は 普通の人 でありますように。










































 ジ リ リ リ リ   ジ リ リ リ リ      




 永 瀬 
 永 瀬 
・・・はあ。 朝やん



早よ着替えて、 早よご飯食べて、 顔洗って・・・


隣人 にご挨拶や。

そんな重い感じで、 ゆっくりと扉を開け・・・

右 の人から挨拶をした。







 )ピーンポーン



 隣 人 
は〜ぁい!




 )ガチャ・・・

 隣 人 
あっ、 どうも。
 永 瀬 
 永 瀬 
あ、どうも。
隣に引っ越してきた、 永瀬 廉 です。
 隣 人 
えっ・・//
 隣 人 
あ、 あの。 King&Princeの永瀬くん?!



あ、、 ティアラやな。。


てか、さっきから玄関に 俺の写真 あるし・・・

やっぱか。



はあ。 右 の人は最悪やな。 まあ、何とか乗り切るか





 永 瀬 
 永 瀬 
ふつつかな物ですが・・・
 隣 人 
あ、ありがとうございますぅ💖!!


やっぱか。


俺って確実にわかった瞬間、 ハート つける人・・・





普通は、 「 💗 」 とか 「 💝 」 とか 「 💕 」 とか 「 💘 」 やったのに。


今回はちょっと違う感じやな。




なんか、 ぶりっ子ぽい感じの 「 💖 」 やし––––––




 永 瀬 
 永 瀬 
あ、じゃあ、 失礼します。
 隣 人 
あっ、はいっ!










なんかこんな感じやと、 左 の人も多分こんな感じなんやろうな・・・






気持ちはどんよりしたまま、 左 の住人部屋に向かった。






















 )ピーンポーン・・・



え。 出てこん。

やっぱ、 早すぎたか・・・




いや、 大人やし 早起き ぐらいできるはず。

















 )ピーンポーン・・・



やっぱ、 出てこん・・・・


ほんま、 何しとるんやろ。 なんか、 腹たってくるわ〜ぁ



よし、 じゃあ 出てくるまで インターホン押し続けたろっ!!



















 )ピーンポーン・・・





3回目。 まだ出ん。 ほんと、 はよ出てこんかな〜?


ちょっと、 足が疲れてきたわ〜ぁ















 )ピーンポーン・・・




あぁぁっ!!! もう、 全然出てこんへんやんk––––




 )ガチャ・・・





 わ た し 
 わ た し 
泥棒っ、! 私たちの家には何もお金になるものは・・・
 永 瀬 
 永 瀬 
・・あの〜(笑)
 わ た し 
 わ た し 
へっ・・//





ん〜っと、 何が起きたんやろう・・・