無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

294
2021/07/17

第16話

No.1 5
日向翔陽
日向翔陽
先生……!!あなたは……あなたは助かりますよね?!
医者
……とても酷い状態です、最善は尽くします
日向翔陽
日向翔陽
そ……そんなッ……
















私は病院へ搬送され、すぐに手術室へ運ばれた









かなりの時間がかかり、すっかり真夜中になってしまった








なのに翔陽は病院に来てから、ずっと手術が終わるのを待っていた

























そして、手術が終わった








手術が終わった頃には流石に両親も病院にはついていた







両親は泣きながら私の無事を祈っていてくれていた








もう、、翔陽の前ってのに……恥ずかしいんだけど……!









そして私は手術室から運び出された





医者
…………










先生たちは無言だった








日向翔陽
日向翔陽
先生ッッ……!!
医者
…………最善は、尽くしました
日向翔陽
日向翔陽
………なんでッ…………どうしてッ……








手術は一応成功したもの、元々運ばれてきた時の状態が悪く、










応急処置程度しか出来なかった、と先生はいった
























先生が翔陽の隣を通り過ぎていく時、呟くようにこう言った














































今日1日もつか分からない








……と。













_________________________❀








作者
作者
この物語も終盤になって来ましたね……