無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

236
2020/07/12

第8話

chapter 7🦊⸜❤︎⸝‍
chapter 7…

朝
スズメ🕊
スズメ🕊
どうだ?制服着れたか?
ヨンジュン🦊
ヨンジュン🦊
ネクタイが……
スズメ🕊
スズメ🕊
ほら、こうやるんだ…よしっ!ってお前頭ボサボサだな笑
スズメ🕊
スズメ🕊
ほら、こっち来い。
鏡の前へ連れて行かれる
スズメ🕊
スズメ🕊
よし、完璧…お前、容姿は完璧なのな?
ヨンジュン🦊
ヨンジュン🦊
💭容姿って、俺のこと?
スズメ🕊
スズメ🕊
お前名前は?
ヨンジュン🦊
ヨンジュン🦊
…ヨンジュン。
スズメ🕊
スズメ🕊
オレは、ジニョンだこれからよろしくな😊
ジニョンはヨンジュンを安心させるように笑った
ヨンジュン🦊
ヨンジュン🦊
よろしくお願いします!
ジニョン🕊
ジニョン🕊
あ、あと…
ジニョンが口を開く
ジニョン🕊
ジニョン🕊
オレのことは、ヒョンと呼べ、あと、敬語は使うな。
ヨンジュン🦊
ヨンジュン🦊
分かった、ヒョン!
学校に到着
ジニョン🕊
ジニョン🕊
よし、着いたぞ、同じクラスに確かスビンという子がいるその子はまたウサギだ。話はしてあるからそいつと友達になって分からないことがあったらいろいろ話を聞け、いいな??
ヨンジュン🦊
ヨンジュン🦊
分かった、ありがとう!
行ってきます。
ヨンジュンが車のドアを開けようとすると
ジニョン🕊
ジニョン🕊
あ、ヨンジュンちょっと…
ヨンジュン🦊
ヨンジュン🦊
💭ん?
ヒョン?どうしたの?
ジニョン🕊
ジニョン🕊
ほら!これ。
ジニョンからスマホを渡された
ジニョン🕊
ジニョン🕊
オレも心配だからな、何かあったらこれに連絡してくれ、それは好きなように使っていいからな?
あと…これはお小遣いだ、んまぁ、好きに使って。
ヨンジュン🦊
ヨンジュン🦊
ヒョン!ありがとう😊
ヨンジュンは少し緊張した様子で足を進めた

           next→