無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
176
2020/10/11

第3話

#5





〜女子トイレ〜
頼城(なまえ)
頼城あなた
はぁ…。














クラスメイトに聞いても、皆「知らない」としか言ってくれなかった。












絶対に、ここに居ると思ったのに…。
頼城(なまえ)
頼城あなた
普…どこなの…?












少し涙目になると。
花子くん(普)
花子くん(普)
…ねぇ















私が求めていた、あの懐かしい声が聞こえた。








_________________________
Aya
Aya
yuinaちゃんへ
Aya
Aya
遅れてごめんね
Aya
Aya
許してちょ((