無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,397
2021/09/12

第125話

早くも本格的に仕事が始まって1ヶ月経った









私も徐々に慣れていき、仕事が増えつつある









少しずつだけど、顔馴染みの方も増えてきた









そんなある日、私に大きな仕事が舞い込んできた









あなた

えっと……ウエディングケーキですか?

トレイ・クローバー(大人)
トレイ・クローバー(大人)
そうだ。
うちに頼みたいと言ってきた
あなた

それを……私に?

トレイ・クローバー(大人)
トレイ・クローバー(大人)
サイズは小さくていいらしい。
細かいことはメモを渡しておくから見てくれ
女性
すごいじゃないブロッドワーさん!
あなた

…ありがとうございます

トレイ・クローバー(大人)
トレイ・クローバー(大人)
来週までにデザインを考えてくれ。
そこでお客様と相談して、作り始めよう
あなた

ちなみに式はいつなんですか?

トレイ・クローバー(大人)
トレイ・クローバー(大人)
3週間後だ
女性
はい!?
男性
急すぎでは…?
トレイ・クローバー(大人)
トレイ・クローバー(大人)
まあ…小規模だからな、何とか間に合わせよう
あなた

…分かりました!











.
シア
シア
ほええ、ウエディングケーキなの?
あなた

とりあえずデザインはこんな感じかな……いやでも…ここにイチゴ置いてもいいし…………

あなた

そしたら……ブルーベリーもいるかな…

シア
シア
……集中してるなの…
あなた

ねえシアどう思う?

シア
シア
……僕わかんないなの
あなた

んー……だよねぇ……

あなた

予算的に見たら……
…チョコレート細工とかどうかな

シア
シア
いいなの!
あなたチョコレート細工上手なの!
あなた

そしたら見た目も華やかになるよね。
イチゴとクリームここにおいて……

シア
シア
ほあっ!綺麗なの!
あなた

クリームをバラの形に絞ってもいいよね

シア
シア
バラって、リドルみたいなの
あなた

あー……そうだね
















.
リドル・ローズハート(大人)
リドル・ローズハート(大人)
『へえ、すごいじゃないか』
あなた

でも…たった1ヶ月でこんな仕事を…

リドル・ローズハート(大人)
リドル・ローズハート(大人)
『トレイが信頼しているという証拠だよ』
あなた

……だといいのですが

リドル・ローズハート(大人)
リドル・ローズハート(大人)
『何か不安があれば、
すぐにボクに相談すること、いいね?』
あなた

分かりました、そうしますね

リドル・ローズハート(大人)
リドル・ローズハート(大人)
『じゃあ、ボクはそろそろ仕事に戻るね』
あなた

はい、お仕事頑張ってください

リドル・ローズハート(大人)
リドル・ローズハート(大人)
『ありがとう、じゃあ』
あなた

ええ、また

あなた

(………リドル、まだお仕事中なんだ…)

あなた

(そりゃあ忙しいよね……
私も頑張らなきゃ)






ベランダに出て、空を見上げる




今夜の月はより一層明るい




マグカップに入れたコーヒーの湯気が、ゆらゆらと登っていく




10月の少し冷えた風が体をなぞった




薄い上着をはおり、ベランダの柵に体を預けた




いつの間にか、手元のコーヒーは冷めていた




その時、私の鼓膜は小さな声を拾った