無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#2
ピピピピッピピピピッ
あなた
あなた
ふぁーーーあ
ずっと昨日の事が抜けなくてもやもやする。
あなた
あなた
(顔洗って来よ)
バシャバシャ洗顔中
あなた
あなた
はぁーっ
マミー
マミー
あなたおはよう!ママもう行かなきゃ行けないからころん起こしてごはん作ったからたべてね!
あなた
あなた
うん…
マミー
マミー
どうしたの?具合悪い?
あなた
あなた
あっぜんぜん大丈夫!
マミー
マミー
ホントカー?😒
あなた
あなた
えっ?
マミー
マミー
昨日の事根に持ってないか?
あなた
あなた
マミー
マミー
ほらやっぱり!私達はそんな甘い絆で結ばれた家族じゃないの!もうガッチガッチだから!!!
あなた
あなた
ちょっとよく分からなかった
マミー
マミー
ほらもうこれでいつものあなただっ!
マミー
マミー
じゃあ行ってくるね!
あなた
あなた
行ってらっしゃいー
マミー
マミー
いってきます!
私の家族は5年前にお父さんが亡くなっている。
いわゆる母子家庭って言うやつだ。
その分ママが働かないと行けない。
朝の7時~夜10まで。ずっと会社。
家事は大体私がやっている。
なのに弱音1つ吐かずに頑張っている。
私はいつかあの人が壊れそうで怖い。
だからなるべくは無理をして欲しくない。
でもあの人はバカだ。と言うかちょっと天然?
意味不な発言をしたりする。
あなた
あなた
ってもうこんな時間
あなた
あなた
起こしに行かなきゃ
トントントン
あなた
あなた
入るよー
何故かいつもより緊張する。
あなた
あなた
(あぁーもう変な事考えるな)
青羽ころん
青羽ころん
zzz
あなた
あなた
ころん起きて
あなた
あなた
朝ごはん
青羽ころん
青羽ころん
もうちょっと……z
あなた
あなた
寝坊するよー!
青羽ころん
青羽ころん
良いよ別に……zzz
すげぇなこいつw
あなた
あなた
(あの手で行くか)
あなた
あなた
あっ!あす♡き♡らの雑誌だ
青羽ころん
青羽ころん
シュッ  ドン  パッ   おはようあなた!!
あなた
あなた
えっ?雑sh…
青羽ころん
青羽ころん
それ以上口にするな?
あなた
あなた
あっはい。
あなた
あなた
あってかやっと起きた本当に遅れるよ?
青羽ころん
青羽ころん
うわっ本当だやっば💦先食べてて
あなた
あなた
分かった
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹ターイム
あなた
あなた
ご馳走様出した。
5分後
青羽ころん
青羽ころん
ご馳走様でした!
青羽ころん
青羽ころん
じゃあ行くか!
あなた
あなた
うん!
あなた
あなた
鍵かけた?
青羽ころん
青羽ころん
うん!大丈夫!
こうして1日が始まった。