無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#5
青羽ころん
青羽ころん
あなた僕お風呂はいって来るねーあなた先食べたかったら食べてて良いよ?
あなた
あなた
あー良いよ待ってるからニコッ
ころたんお風呂中







































青羽ころん
青羽ころん
あなた待っててくれたの?
あなた
あなた
うん。1人は嫌だから⤵︎ ⤵︎ ⤵︎
青羽ころん
青羽ころん
キュン(ん?キュンってなんだ??)
青羽ころん
青羽ころん
食べよ!
あなた
あなた
うん。
2人)いただきます。
あなたside
青みがかった髪の毛と瞳。
濡れた髪の毛。
Tシャツから透けて見える腹筋とちくb(´ρ`*)コホン
昔はこんな光景普通だった。
でもどうしてだろう。
恋愛感情を抱くとこんなにも違って見える。














青羽ころん
青羽ころん
あなた
青羽ころん
青羽ころん
青羽ころん
青羽ころん
あなた
あなた
あなた
……………
あなた
あなた
あなた
あなた
どうしたの?
青羽ころん
青羽ころん
ぼぉーとしてたから気になっただけ
あなた
あなた
そんなにぼぉーとしてた?
青羽ころん
青羽ころん
うんw






























なぜかとても気まずい。
青羽ころん
青羽ころん
あなた、僕達って兄弟じゃあないじゃん。
あなたは本当の兄に会いたいとか思ってる?
あなた
あなた
えっ……
考えてもいなかった。
兄が好きすぎて
私には本当の兄が居たんだ
って事はころんとお別れしなきゃいけないってこと?!
それは嫌だな。
あなた
あなた
気にはなるけど、今の生活が凄い充実してるから良いかな(○´ω`○)
青羽ころん
青羽ころん
そっかニコッ
ころんside
なぜかあなたが本当の兄に会わなくて良いって言った時
なぜか少し安心した。
あなたが本当に僕から離れて行くと思うと凄く
胸が苦しい
この気持ちはいったいなんなの?