無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

始まり#1
マミー
マミー
2人とも聞いて欲しい事があるの
そう言って母は
マミー
マミー
実は2人とも血がつながってないの、
あなた
あなた
えっ?
青羽ころん
青羽ころん
…。
マミー
マミー
あなたは私のお友達が亡くなった時に引き取ったの
マミー
マミー
もうパパは居ないけどあなたが高校に入ったら言おうと思ってた。もちろんその頃ころんは3歳だったから知らないの。
あなた
あなた
そう…だったんだ…。
マミー
マミー
でも心配しないで私達は紛れもない家族。
私はあなたの母親だからいつもどうり接してほしい
あなた
あなた
当たり前だよ!
ママともころんとも家族だもん!
マミー
マミー
あなた、
マミー
マミー
ごめんね、ママはあなたの事大好きだからね!💕
マミー
マミー
さてご飯にするか!
青羽ころん
青羽ころん
うん
食べ終わった
あなた部屋にて
私は正直嬉しかった。
兄であるころんが好きだったから。
でもいくら血がつながってなくても家族。
ころんも私を妹としか見ていない。
あなた
あなた
はぁー。
そんな事を考えていながら眠りについた。
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪
はぁぁぁぁいっっ!
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪
なんか兄弟の恋!見たいの書いて見たかったんだよねー
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪の彼氏
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪の彼氏
まぁ妄想する所で相当ヤバイんだけどね
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪
今日もカッコイイ///
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪
ワイε๑•௰•๑Ҙ♪
ってことでおつみるー