無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1
2021/07/28

第6話

ぬいぐるみのおとしもの
心
おとしものセンターはもう
あらかた探したわ。
心
だから道をぐるっと
回って探しましょう
優
おっけー
令
あの…
心
敬語じゃなくていいわよ、
そんなに歳離れて無さそうだし
令
わかった
令
お姉ちゃんと心さんは知り合いなの?
心
いいえ、今日初めて会ったわ
優
うん!初めましてだよ!
令
へぇ…まあ学校広いもんね
優
ね、そういえばおとしものって
なんなの?
心
小さい…手のひらくらいかしら。
ウサギのぬいぐるみよ
心
カバンにいつも付けていたの。
チェーンが外れてしまったのだと
思うのよね……無くしてしまって。
心
それからこの子がこうなって
しまって…
心
2匹とも大切にしていたから
悲しんでいるのかもしれない
優
わかった、いよしっ頑張ろっ


落としたと思われるのは、
心(とお姉ちゃん)の学校から
心の自宅までの結構長い道。

心
!大変、あれが飛んでくるわ!!
令
あ、あれって
優
バール!?!?
心
令さん!危ない!!
令
んぅっ……!
(衝撃波を放つ)


私の手から発せられた衝撃波で、
バールが地面に叩き付けられた。

優
おお!早速使いこなせてる感じ!?
令
いや、まだよくわかんない
心
…すごいわね、それが貴方の能力?
令
うん、衝撃波が出せるみたい…
優
心さんの能力は…「シンパシー」?
心
なんで……
優
私の能力、「分析」のお陰だよっ
心
そうなのね
心
ええ、そうよ。
あたしの能力は「シンパシー」。
心
相手の感情が色として目に見えるの。
フィルターがかかってるみたいに見える。
心
それと、一方通行ではあるのだけれど
頭に思い浮かべた人に言葉を送れる。
令
へぇ、すごい……
令
お姉ちゃんの能力がますます
使えなく見えてくる
優
ねぇ〜!ww
心
優さんの能力も、まだ力が
発揮されてないだけで良い能力だと
思うわよ
優
でしょ!でしょ!!


その間にも心さんの傷は増えていっていた。

心
いたっ…もう、何回目よ……
令
…あっ!!
優
何!?
令
これ!?
心
…!!これ!この子だわ!!


駄弁りながら探していると、
ついについにウサギのぬいぐるみを
見つけ出すことが出来た。

心
エミちゃんっ…!!!
優
エミちゃん?
令
エミちゃん?
心
ノエルくん、エミちゃんが
見付かったわよ!
優
ノエルくん?
令
ノエルくん?
心
……なに、なんか悪い?
優
んーん!素敵だと思う!
心
ならいいけど…
令
じゃあ、しばらくノエルくん…と
エミちゃん、の様子見ようか