無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

4
2021/07/26

第3話

少年の最期
母親
母親
なんで…死なせてくれないの……
令
あの…
母親
母親
うぅ……シュンタ…シュンタ、!
母親
母親
私のせいで、っ!
令
……あの、その…シュンタくんは
貴方が死ぬことを望んでいません
母親
母親
…え
令
シュンタくんは…私に、私たちに
「おかあさんをたすけてほしい」と
言ってくれました
母親
母親
でも私は…シュンタと一緒に
死のうとした。
私が殺したも同然
少年
少年
そんなことない!
悪いのはぼくなんだ…
少年
少年
おしごとでたいへんなのに
言うことも聞かないで
少年
少年
っじぶんかってでわがままで、
めいわくかけてばっかりで、!
母親
母親
…シュンタ…?
少年
少年
ごめんなさいっ……
ごめんなさいおかあさん…っ泣
母親
母親
おかあさんの方こそ…
ちゃんとシュンタのこと
見てあげられなくてごめんね、…泣
少年
少年
ぼくはもう、おかあさんと
いっしょにはいられないけど…
少年
少年
おかあさんがぼくのこと
わすれないでいてくれたら
少年
少年
離ればなれでも、
いっしょってことだから、!!
母親
母親
忘れるわけ、ないじゃない、!
母親
母親
ずっと、いっしょ
母親
母親
離ればなれでも、
心で繋がってる
少年
少年
…へへ、ありがとう
少年
少年
おかあさん、ふたりのお姉ちゃん…
ぼく、もう行かなきゃ
少年
少年
お姉ちゃんたち、、
おかあさんをたすけてくれて
ありがとう
少年
少年
おかあさん…またね
母親
母親
…うんっ、!


抱きしめ合う親子。
ふたりの最後の時間を味わった後、
ゆっくりと空へと消えていった。