無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

生命の罰
僕はいつだって
「人の流れ」に飲まれていた
小学校のクラスメイト
ねぇあれカッコよくない?
小学校のクラスメイト
確かに〜!
僕
(カッコイイのかな…?でもカッコ悪いなんて言ったらきっと…)
僕
うん、カッコイイと思うよ!
そうやって
どんどん自分を「周りと同じ」にしてた
僕
(さっき見てたYouTubeだって…!)
イジメ生放送の動画の周りには
「△△死んで欲しいの歌」とか「死んで欲しい人の名前で〇〇〇歌ってみた」とか
そんな動画で溢れてる。
Twitterだって
「生きる意味が分からない。死にたい」とか
「痛みを感じずに死ねる薬作って欲しい」だとか
そんなツイートで溢れてる。
だから僕らは死ぬ。
沢山粗末にされた命の罰。
死。
交通事故で死ぬ。
病気で死ぬ。
寿命で死ぬ。
そして
自分で死ぬ。
自殺。
僕らは









___命に嫌われている。