無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

笑ってしまえ
僕の父親
ったくなんだなんだぁ?!
僕の母親
せっかく3人・・で外食行こうと思ってたのにー
僕の兄さん
誰だよ俺たち呼んだの…って…ほーうwかわい子ちゃんがいるじゃねえか
彼女
彼女
僕
やめろ…!
僕の兄さん
あ?
僕の兄さん
やめろwwなんだよお前まだ生きてたのかよwあんだけ死にたい死にたいつってたのにwww
彼女
彼女
--…君…?
僕
確かに僕は「今までは」死にたかった。けど今は違うんだ…!
僕の兄さん
チッ…ごちゃごちゃごちゃごちゃうるせえな!
ドコッ
彼女
彼女
お願いしますやめてください!!!
彼女
彼女
何でもしますから…!
僕の兄さん
何でもするw
僕の兄さん
じゃあ君ちょっと僕らと一緒にお出かけしようね
彼女
彼女
え…?
僕の兄さん
--…wお前はそこで笑ってろw
僕
……
痛い
彼女
彼女
--君…!--君!
苦しい
僕の兄さん
ハッハッハッッハッハww
悔しい
僕の母親
ほら、行くわよ
僕の父親
グズグズしてねえで早く歩け!




























































___悲しい。