プリ小説

第3話

◇ 3 ◇






ダルい入学式も終わり、
もう帰っていいとのことなんで、
即座に帰路に着いた。










「 あ!あなた! 」


『 ...優斗。 』










10メートルぐらい離れた所で
手を振ってる優斗。
走ってこっちに駆け寄ってくる。









「 新しいクラスはどう? 」


『 うざったい関西弁が一人。 』


「 笑笑 どんまい 」


『 優斗は? 』


「 んー。普通?でも楽しそう!髙橋海人って男子と友達になった! 」


『 よかったじゃん。てか、苗字一緒だね、その、、、、髙橋海人くん?と 』


「 まじ運命感じた、笑笑 」











一緒に帰る。





目的地も、
一緒。










私は訳あって
優斗宅に居候することになった。






その訳が明かされるのは、
まだ少し、
先のこと。














それより
なにより
あの関西弁の対処法考えないと。











◇.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あかりんご
あかりんご
REDなAPPLEがすきな ただのジャニヲタ 気の向くままに更新します 遅いことをご了承ください*_ _) 俗に言う DD だけど、 ジャニーズWEST 重岡大毅 が担当です 同担OK 他担OK DD OK 💃ダンス 好き💃 #ジャニーズ #ジャス民 #陸上競技 #バスケ ((観戦. #ダンス < シ ン デ レ ラ ガ ー ル > 執筆中 < 一人ですがなにか? > 執筆中 < “ ジ ャ ニ ー ズ ” やってます > 執筆中 _(._.)_