無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🥀 : 2
あれは昨日の放課後のこと。
ヨジャ「あなたちゃん♡」
「ちょぉ~っと来てくれる??♡♡」
나
나
(おえ。きも)
あなたちゃんちょっとキャラ変わったけど
こっちの方が書きやすいからこのキャラにしますね🙌🏻
-屋上-
ヨジャ「あのさ、ジンくんと話さないでくれる?」
나
나
え、何。
나
나
彼氏と喋るのダメなわけ?
ヨジャ「は、付き合ってんの…?」
나
나
彼氏つったんだから
付き合ってるって分かるだろ
나
나
低脳か?
ヨジャ「お前ほんと調子のんなよ」
나
나
別に正論言っただけだけど。
ヨジャ「(・д・)チッ」
「とりあえず次ジンくんと喋ってるとこみかけたら覚えてろよ。」
나
나
覚えるほどの価値もないわ
나
나
時間の無駄だから帰るわ bye👋🏻
そのままあなたは家に帰った。










































































































明日のことなど知りもせず。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

박 리우. 🐇🔥
박 리우. 🐇🔥
推しが尊い受験生。 ジンくん愛してます。🥺💗
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る