無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ニチジョウ
渡部先生
渡部先生
昨日、佐久間 詩野のが亡くなった…
先ほどのホームルームで担任の渡部先生が告げた言葉
それを聞いた時、私は特別な何かを
感じたり、思ったりはしなかった
佐久間 詩野…というのは、クラスメイトの1人
違うか。クラスメイト「だった」が正しい
そろそろ潰れるとは思っていたけど自殺とは
不登校になるかなぁと予想してたのに、
また、めんどくさいことをしてくれたものだ。
真理
真理
明美ー!あいつ、明美の言うとうり潰れたねっ!
明美
明美
そうね…ってことで賭けたジュース奢ってよ?
真理
真理
はぁーい
小学校からの友達、真理が口をとがらせて返事する
賭けの内容は、「あること」に1年間耐えきれるか
どうかを予想するといういたってシンプルなものだ
賭けにも勝てたわけだし、佐久間が潰れたのはいい
だけど…これでいじる相手がいなくなったわけだ
明美
明美
なーんか、退屈ねぇ。佐久間の泣きじゃくる姿、結構見ものだったのに
真理
真理
ほんとほんと!次は誰がいいかなぁー!…痛ったぁ!
広樹
広樹
真理ってほんと馬鹿だなぁ。大声で言うことじゃねーだろ
少し思考回転が幼いと思われる真理の頭を
軽く叩いた広樹が呆れ顔で席に着く
智也
智也
広樹も馬鹿だよね?
そして、広樹の前の席には、広樹とどこかへ
行ってきたらしい黒縁メガネの智也が座る
智也のツッコミは最もだと思うよ、私。
今までに広樹が取ってきた赤点の数は数えきれない
真理
真理
あれ、心愛は?
智也
智也
腹痛で保健室行ったよ
心愛と幼馴染の智也が答える
ここにいる私を含めて4人と、保健室に居る心愛は、高校生活を共にする…いわゆる
「仲良しグループ」というやつだ
明美
明美
また仮病?めんどくさいからってよく演技するよねぇ
真理
真理
私も、保健室行こっかな。
授業サボりたーい!
明美
明美
あんた、演技下手でしょ。…んで広樹と智也はどこに行ってたの?
ホームルームから1限目が始まるまでの時間は
短いから、席を立ってどこかえ行く人は少ない
広樹
広樹
あ?トイレだよ、トイレ
真理
真理
えっ?学校に来てすぐトイレ?早くない?広樹じいさんだーーー!
広樹
広樹
はっ!?なんで俺だけなんだよ!
言うなら、智也もだろーが!!
明美
明美
広樹、人を巻き込むのは良くないよ。
智也
智也
そうそう、俺は誰かさんが「ついてこい」って言うからついて行っただけだしね
広樹
広樹
智也てめぇ…!!
智也
智也
ほんとのことだよ?
裏切りやがって、という声が聞こえてきそうな
広樹の睨みを無視した智也がそう言って
ニッコリ笑い、真理と私が爆笑する
いつもと変わらない風景。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Rinka
Rinka
よろしくお願いします
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る