無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

50
2019/10/13

第3話

不幸体質
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
…あはははは!ヘマしてやんの!
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
ったく…腹立つぜあの女…
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
なんかそこまで嫌がられるとかえってそそられるよねぇ…にひひ
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
…ターゲットを変えるつもりは
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
ないね。俺はアイツを絶対オトす
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
…フッ…だよな。
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
でもいいの〜?録音されたやつ、ばらまかれたらどうすんの?
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
別にあれくらい、どうとでもごまかせる。
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
みんなも転校したばっかのアイツより、俺を信じるだろ?
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
間違いないね!あはは!
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
フフ…彼女、面白いね。気に入っちゃったよ


«次の日»
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
やぁ。おはよう
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…昨日私が言ったことをお覚えですか?
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
もちろん!
だけどな…あんなもんどうにでも出来るんだよ、俺らは
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
悪ぃな。俺ら、お前のこと気に入っちゃったわ。これからいやでも付きまとわせてもらうぜ?せいぜい俺らが飽きるまで楽しませてくれよ
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…性悪

茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
ムウちゃーん!一緒にお昼ご飯たべよ?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…遠慮します
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
あ…っ、ちょっと…!
グイグイと痛いほど腕をひっぱられる
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…っこの!
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
いたっ!
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
も〜…乱暴だなぁ。いくらなんでも足を踏まなくても…
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
あなたが腕を話してくれないからでしょ!?
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
だって、君をここに連れてきたかったんだもん
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…?
そこは中庭。

綺麗な花が咲き誇り、1本の大樹が真ん中にそびえ立つ。

木漏れ日が心地良さそうだ。

大樹の下には、3人の男が座っていた
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
遅いよ!待ちくたびれた〜
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
…お前、昼はまだだろ。俺らと食べろ。
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
レイ…高圧的な態度は女の子を怖がらせるよ。気をつけなきゃ
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
…これに好意を抱くやつもいる。
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
相変わらずだねー!レイはさ!
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…なぜ私はここに呼ばれたのですか
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
そんなことも言われなきゃ分かんないの〜?
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
君って頭悪いんだね☆
…イラァッ
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
ほら、早く座って。一緒にご飯食べようって、ヤマトから誘われたろ?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…そう言えば…
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
ね!
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…だけど、了承はしていな
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
うっせぇ。いいから黙って食え。時間なくなるぞ
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…💢(連れてきたのはそっちのくせに!)

影に、数人の女子生徒がこちらを睨んでいるのが見えた。
何を話しているのかは聞こえないが、だいたい察しがつく。





「なにあの子…生徒会の中に1人だけ…」
「図々しくない?」
「…ギリ…ッ」

それからというもの、災難な日は続いた
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
おはよ!…あり?なんでそんなに濡れてるの?確かに今日は雨だけど…傘忘れたとか?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…トラックからはねた水を被っただけです
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
まじ!?大変じゃん!すぐに着替えなきゃ!
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…別にいいです
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
良くない!早く着替えて!
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
雨の日は必ず水を被って濡れた状態での登校

たまに、雨にうたれたとは思えないほどずぶ濡れのときがあった

夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
…お前の身長じゃ黒板まで届かないだろ
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
……ありがとう、ございます
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
キョトンとした顔をする
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…なに?
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
お前ってお礼言えんのな
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…馬鹿にしてますか?
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
いいや。いっつもムスッとした顔してるから。
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…それ、あなたにだけは言われたくないです
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
は?喧嘩売ってる?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
売ってません。あとは黒板消しをクリーナーにかけるだけなので。
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…正直、届かなかったので助かりました。
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
…フン
«ボン!»
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
機械類を使えば爆発し粉まみれ

夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
ちょ!ムウちゃん、危ない!ボールが!


きゃあああぁ!
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…っ!
女子の隣でバレーをしていた男子のボールが、ネットの穴を通りムウへ向かった
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
…っいったー…
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
大丈夫?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
あ…
バッ! と、ハルカの腕を見る
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
ああ、大丈夫だよ。僕は男だから、これくらい平気。
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…ごめんなさい
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
(…珍しくしょんぼりしてる)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
俺の体が勝手に動いただけだ。気にすんなって(ボソッ)
体育でのムウの被弾率は高い。


«生徒会室»
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
ねー。明らかに君ってさ、不運だよね
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
つかなんでこいつが生徒会室にいるんだよ
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…茜さんに無理やり引っ張られたんですよ。来たくて来たわけじゃありません
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
いいじゃねーか。どーせ俺の素は知ってんだし
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
それにしたってさー、度が過ぎてるよ。命の危険にもなることもあったしー
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…そう、ですよ。
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
…あ?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
私は、超不幸体質。あらゆる不幸を、私だけでなく私の身の回りにも影響を及ぼす
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
…どーゆうこと?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…誘拐 3回。誘拐未遂 12回。露出狂との出会わせ 2回。買い物に行けば強盗に人質にされ、傘を持たなければ必ず雨がふる。逆に傘を持っていれば雨は必ず降らない
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
口にすればまだまだ沢山あります。車にひかれたのは2回。ひかれかけたのは5回。
…家が焼けたのは
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
もういい。分かったから。
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…とにかく、これで分ったでしょう。私の元友達は、私のせいで大怪我もしました
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…私の周りにいれば、危険だってことを
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
...ふーん
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
?…だから?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
!?…だからって何!?私は、この不幸体質のせいで、あの時から…っ
茜大翔(アカネ ヤマト)
茜大翔(アカネ ヤマト)
君が不幸体質なのと、僕らが君に仲良くするのと、なにか関係ある?
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…え?
ヤマト以外の3人は、やれやれといった表情で、ため息を吐く
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
だーかーら、お前が不幸だろうと、俺らのお前に対する接し方は変わんねぇ。
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
夕雨 那樹(ユウサメ ナキ)
それに、ようはあんたを不幸から守ればいいんでしょ。なんか新しいゲームみたいでワクワクする
夜雲 零(ヤクモ レイ)
夜雲 零(ヤクモ レイ)
…こいつらはそーゆーやつだ。お前が不幸だろうが馬鹿だろうが、受け入れてやるよ。
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
……っ…そよ
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
うそよ!あなた達だって、本当の私を知ればきっと、離れていく!
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
学習しねーなー…
ムウはハルカをキッ! と睨みつける
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
おまえの今までの友だちが、どんな仕打ちをお前にしたかなんて知ったこっちゃねぇよ。
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
ムウ、俺は、俺らは誰だ?
ハルカはムウの頬を鷲掴みにする
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…せいと、かいひょう(生徒会長)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
そう。俺らは生徒会。それもただの生徒会じゃねぇよ。
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
黒霧 悠香(クロギリ ハルカ)
どんなことがあっても、俺らがお前を守ってやるよ。例えお前が俺らを拒否しても。
天野 夢羽(アマノ ムウ)
天野 夢羽(アマノ ムウ)
…なんで