無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

パーティー終わり
彰人
彰人
居ねーな
彰人
彰人
おいそっちはどうだ?
杏
こっちも居ないー
杏
こはねーそっちは?
こはね
こはね
ううん、こっちもいなかった
彰人
彰人
あれ?冬弥は?
杏
えっ!もしかして冬弥も居なくなったの!?
司会者『皆様大変長らくお待たせ到いました!』

『今日の主役はこの2人!!!!』


『あの、青柳家のこと青柳冬弥様と!!!!』


『神代家次期当主の神代あなた様でーす!』
客「ふぅふぅ!!」


「待ってました!!!!!!」
(なまえ)
あなた
皆様大変お待たせ致しました。
神代家次期当主神代あなたです。

今日のパーティーに参加していただけてとても光栄です。

どうぞゆっくりしていってください。
冬弥
冬弥
皆様こんばんは

青柳家を代表させて、挨拶申し上げます。

今宵のパーティーに参加していただいてありがとうございます。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
なんやかんややって
彰人
彰人
おい、あなた、冬弥どういうことだ?
(なまえ)
あなた
ごめんね。何も話してなくて、
まずこのパーティーは私のお父様が開催したパーティーなの、前々からお父様と青柳様が考えていて、それで今回冬弥には手伝って貰ったわけ
杏
なんで私たちにも教えてくれなかったのよ〜
(なまえ)
あなた
ごめん、ごめん、まぁサプライズだと思って楽しんでいって、(*´∀`*)
冬弥
冬弥
すまないな、彰人何も話していなくて
彰人
彰人
あぁもう気にすんな、だけどこれだけは約束しろ!次からは隠し事なしな!
冬弥
冬弥
…ふはっ、あぁ約束しよう。
パーティー終わり
(なまえ)
あなた
みんなお疲れ様!今日はゆっくり寝て(*´∀`*)