無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話 私の過去
渡辺翔太
渡辺翔太
俺まだ仕事があるんだ…誰かみててくれないか?
佐久間大介
佐久間大介
ごめん…翔太、俺も他の仕事があって移動しないと……
阿部亮平
阿部亮平
ごめん…俺も
渡辺翔太
渡辺翔太
他の人も…?
宮舘涼太
宮舘涼太
うん…
岩本照
岩本照
ごめん…翔太
深澤辰哉
深澤辰哉
俺も…
渡辺翔太
渡辺翔太
まじか……あなた
渡辺you
渡辺you
んぅ?
渡辺翔太
渡辺翔太
1人で待っていられるか?
渡辺you
渡辺you
うん!
渡辺翔太
渡辺翔太
すぐ戻るからな!






ガチャ



































あの時の俺は馬鹿だったよ……





















あんな小さな子を1人にするなんてな…























そしてあなたが成長していく中……学校ではずっと




























モブ
モブ
お前キモイんだけど‪w
モブ
モブ
お兄ちゃんが有名だからって調子乗んなよ
渡辺you
渡辺you
やめて…グスッ、痛いよ…グスッ


いじめられていた
















あなたはこのことを言ってはくれなかった






















何故かって……













それは…

































“お兄ちゃんの笑顔が消えちゃうのは…嫌だから”

























と、言う理由で言わなかった



















でも俺はある日気づいた






















渡辺翔太
渡辺翔太
あなた
渡辺you
渡辺you
ん?
渡辺翔太
渡辺翔太
なんでそんなに足とかにアザできてるの?
渡辺you
渡辺you
あっ!え、えっとね!これは階段でコケちゃって💦


















あなたは嘘つくのが下手だった

















だからすぐにわかった
























俺は学校を辞めさせ、SnowManとSixTONESに相談をした
























そうしたら樹が
























田中樹
田中樹
俺らが守るよ!絶対!!

















そう…言ってくれた


























俺は安心した…



























あとは……あなたが楽しんでくれればいいんだ