無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

5-4
(優馬)たこ焼き美味しな。

(紗夜)うん、美味しいね!

2人で食べるのなんか楽しい。

(優馬)次どこに行く?

(紗夜)うーん。

目に止まったのはクマのぬいぐるみが置いてある射的屋だった。

(紗夜)可愛い。

後ろから優馬くんが来て射的を始めた。

(優馬)あれが欲しいんだね、任せとき。

ぱんっ!

見事に命中してクマのぬいぐるみを取ってくれた。

(優馬)どうぞ。

(紗夜)ありがとう。

かっこよかった。

(紗夜)次は優馬くんが行きたいところでいいよ!

(優馬)じゃあ、かき氷食べようか?

(紗夜)うん!

優馬くん、かき氷好きなのかな?

色んな味があるどれにしようか迷うよ。

(優馬)メロンの味のかき氷するけど紗夜ちゃんはどれがいい?

(紗夜)じゃあ、いちごで。

ふたりでかき氷を食べる