無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

6-1
夏休みが終わり2学期が始まった。

ユリちゃんと愛ちゃんには優馬くんと付き合うこと報告した。

2人からお祝いされた。

(ユリ)良かったね。

(紗夜)はい!幸せです。

優馬くんは朝練があって私は朝からちょっと用事があって先に教室に来ている。

(先生)紗夜さん、部活も勉強も良く頑張って無理しないでくださいね

(紗夜)分かりました。

職員室を後にして私は、教室に戻った。

(優馬)おはよう、紗夜。

教室に戻ると優馬が朝練から帰ってきていた。

(紗夜)お、おはよう。

(優馬)おは、紗夜。

優馬は、私を抱きしめて頭を撫でてくれた

(優馬)頑張って終わらせてきた。

アンケート

この小説は面白いですか?
面白い
100%
面白くない!
0%
分からない
0%
投票数: 6票