無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

4-1
ある日。

私が予想外なことが起きる。

いつも通り部活に来ていたら私が嫌いな先輩達に呼ばれた。

(A先輩)ねぇ、優馬くんと紫音くんに近ずかないでくれるかな?

そう、先輩達は2人のことが好きだった。

(B先輩)うざぃからしばらくそこに入ってな!

ドンッ!

後ろから先輩達に押された。

先輩達は笑いながら鍵を閉めて開けなくした。

体育倉庫に閉じ込められた。

(紗夜)誰か!助けて!

叫んでも外には聞こえない。

どうしよう…このままじゃあ、熱中症になってしまう。

スマホもロッカーに置いて来てしまった。

助けが来るまで待つしかないのかな?

ユリ先輩、紫音先輩、優馬くん。

みんなに迷惑かけてしまうよね。

陸部のマネージャー辞めようかな?