無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

3-1
その日の放課後。

(ユリ)大丈夫?紗夜ちゃん。

ユリ先輩が心配そうに声を掛けてくれた。

(紗夜)は、はい。

どうしたらいいのかな?分からない。

(ユリ)良かったら話しくらい聞くよ?

部活が終わってから近くのカフェで話しを聞いてもらった。

(紗夜)昨日、紫音先輩と優馬くんから告白されたのですが私はどちらを選べばいいか分からないです。

こんなことになるとは思って居なくて私自身もどうしたらいいのか分からないままいた。

(ユリ)紗夜ちゃんははじめて告白されたんだよね。

(紗夜)はい。

ユリ先輩は尽く話し始めた。

(ユリ)私は付き合っている人は居るよ。

えっ、ユリさんに彼氏がいるのなんて知らなかった。

(ユリ)紗夜ちゃんがこの人だったら一緒にいたいって思える人と付き合わなきゃ。