無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
気付いたら恋していた。

彼のことを考えるだけでドキドキする。

「紗夜ちゃんのことが好きなんだ。」

「俺も城馬さんのことが好きなんだ。」

かっこいい男子2人から告白されるなんて思っていなかった。

どっちと付き合う?