無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

3話
無事に大会が終わり落ち着いた陸上部。

でも、私はまだ迷って居た。

あの日に2人から告白された。

私ははじめて告白されたからどっちを選ぶのか迷って居た。

私は分からなくなって友達にある愛ちゃんに相談した。

(愛)はい?紫音先輩と優馬に告白された!

愛ちゃんは驚いていた。

(紗夜)愛ちゃん、声がデカい。

屋上で話していた。

(愛)紗夜はどうするの?紫音先輩か優馬か!

私は分からないよ。

優しい先輩か頑張り屋さんの優馬くん。

(紗夜)分からない。

もし、1人を決めたらもう1人は傷つけてしまう。

1人になんて選べないよ。