無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

1-6
優馬side

あいつ、いきなり服を引っ張るからびっくりした。

身長低いくせに可愛とかありなんかよ?

(紗夜)海門くん、頑張ってね。

あいつが来てから毎日変わっているような気がする。

(優馬)お、おう。

俺はあいつの事が好きなのか?

いやいや、まだ来て2日しか経ってないのに。

調子狂う。

今は練習に集中。