無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1-1
私の隣の席の男子はかっこよくて顔立ちが綺麗。

(愛)佐倉愛、よろしくね!さやちゃん。

(紗夜)よろしく、愛ちゃん。

佐倉愛ちゃんは可愛くてオシャレな女の子。

転校初日に初めて出来た友達。

(紗夜)海門優馬くん、よろしくね。

ずっと外を見ている。

(愛)海門くんはいつもだからね。

(紗夜)そんなんだ。

海門くんは授業中寝ていた。

1限目から4限目まで寝ていて昼休みになると起きてお昼ご飯食べてからしばらく経ってからまた寝ていた。

授業が終わると起きてあくびしていた。

(紗夜)海門くん、これ今日のノート。

私は海門くんにノートを見せた。

(紗夜)授業中寝てたから私がノート取ってあるから写してね。

(優馬)あ、ありがとう。

初めて話せた!ドキドキした。