無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

1-5
陸部のマネージャーは居た。

陸部のマネージャーは綺麗で可愛い人が居た。

(ユリ)あら、見学の子?

わぁ、綺麗なひとだな。

(紗夜)はじめまして、城馬紗夜です。よろしくお願いします。

紫音先輩と同い年だ。

(ユリ)黄島ユリです。

ユリ先輩、名前の通り綺麗な人。

(紗夜)き、綺麗です。

つい、本音を言ってしまった。

(優馬)城馬、来てたんだ。

海門くん、練習終わったのかな?

(紗夜)お、お疲れ様です。

何回も言ったけど緊張する。

そう言えば海門くんは、競技はなんだろう?

聞いてなかったから話しかけてみよう。

(紗夜)あの、海門くん。

私は先輩達と話している優馬くんの服を引っ張った。

(優馬)城馬、どうした?

私、普通に話しかけたらいいのに!服引っ張るとか恥ずかしい!

(紗夜)あのさ、海門くんはなんの競技なの?

やっと言えた!

(優馬)俺は長距離走だけど。

長距離走、だから足速いんだね。