無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

1-4
今日は放課後に部活見学に行くことになった。

私はスポーツのマネージャーだったら出来る。

両親はスポーツ関係の仕事をしているから。

私もそれを見て来て将来はスポーツ関係の仕事がしたい。

(愛)紗夜ちゃんは何部に入りたいの?

お昼ご飯食べながら話していた。

(紗夜)陸部かサッカー部かな?

陸部は海門くんが居るから見てみたい。

(愛)紗夜ちゃんは夢はスポーツ関係の仕事に就くことなんだよね?

(紗夜)そうなの。

放課後

今日は陸部とサッカー部の見学。

まずはサッカー部。

サッカー部は全国大会に出場している。

マネージャー達も大変そう。

サッカー部活見学終了次は陸部。

(紗夜)城馬紗夜です、よろしくお願いします!

陸部は体育の先生が顧問。

(先生)よろしくな。

あ、海門くんだ。

やっぱり走り方かっこいいな。

(紫音)見学者?

そこにやって来たのが1つ上の先輩の白谷紫音先輩だった。

白谷先輩が来たら歓声が聞こえて来た。

(紗夜)はじめまして、城馬紗夜です。

(紫音)紗夜ちゃんね、優馬から聞いとる。

えっ、海門くんが私のこと話してくれていたんだ。