無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

5-2
写真を撮り終えて神社に向かった。

浴衣姿の子供達がいた。

鳥居の所に優馬くん達が居た。

(ユリ)ごめん、待った。

優馬くん、紫音くん、優馬くんの友達が居た。

(ユリ)隠れてないで出てきたら?紗夜ちゃん。

(紗夜)遅れてごめんね。

照れながら出てきた。

ちゃんとここで2人の返事を返さなきゃ

(優馬)そろそろ行こうか?

(紗夜)うん!

優馬くんの浴衣姿が凄くかっこよくてびっくりするほど似合っている。

(ユリ)紗夜ちゃん、祭りに行くの楽しみにしていたからね!

(紗夜)ユリちゃん、恥ずかしいよ。

友達と祭りに行くのが初めていつもは家族と行っているだけど友達と一緒に行くのが嬉しいの。