無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

2-3
大会本番。

早起きしてお弁当を作って行くことに。

そう言えば、優馬くんにお弁当作って来て欲しいって言われたから作ることにした。


集合場所は学校でそこからバスに乗って移動するんだって。

初めての事だから緊張する。

私達マネージャーは応援席で応援することになっている。

(優馬)おはよう、紗夜ちゃん。

(紗夜)おはよう、頑張ってね。

そうして会場に向かった。

優馬くんをちゃんと応援しなきゃ!絶対勝利して欲しいから!

(ユリ)紗夜ちゃん、今日は応援頑張ろうね。

そう後ろから声掛けてくれたのがユリ先輩だった。

(紗夜)はい!

紫音先輩は短距離走で優馬くんは長距離走に出場。

2人も頑張れ。